結婚教育とは?

  • HOME »
  • 結婚教育とは?

 

今こそ夫婦問題という小さな枠だけではなく、官民学、すべての力を合わせて未来への対策のひとつとして「結婚を学ぶべき、考えるべき時」がやってきたと思い「結婚教育」の重要性を語ることにしました。

老若男女問わず
こと、夫婦のことになると「誰にも相談できない」
また、相談をされても「どうこたえていいのかわからない」

そんな声を多くお聞きし夫婦こそが社会の最小単位であり、関係性を生み出す基本中の基本なのに、相談する側もされる側も実は一番回答に困ることなのかもしれないと感じています。

その悩む方をサポートできるのは有名な政治家さんでしょうか
それともきれいな女優さんでしょうか
それとも高名な学者先生でしょうか
どなたの力も必要なのはまちがいありません。 でももっとも大きな力となるのは、人生の様々の経験を積み重ねた隣近所に暮らす我々ひとりひとりの存在ではないでしょうか

そんな大人たちを増やしていくことができればと思っています。
そして、その相談を受ける側も常に研鑽をしながら学びを深めながら
志を豊かに心を合わせながら対応力が深めることができる
それが我々「結婚教育」を共に学ぶ仲間です。

 

協会代表あいさつ

NPO法人日本結婚教育協会代表の佐田俊弘です。

昨今、天災人災を問わず何かが起こった時には人と人とが繋がり、助け合う。
とても素晴らしい事です。
さらに有事だけでなく常日頃から「繋がる」ことを意識出来ていれば、ここぞという時の「絆」は一層強固なものになるに違いありません。

情報化社会、ネット社会といわれる中で、幅広く人と繋がることが容易になりました。

そう言っている私自身、人とつながりコミュニケーションをとったり、誰かの力を積極的にお借りすることがことが得意ではありません。
だからこそ個人で出来ることの限界や誰かと「繋がる」ことの大切さを知るひとりでもあります。

「人と人とが繋がる」
その基礎が夫婦であり、家族なのではないかと思います。

しかしながら、私は必ずしも結婚という「形」を良しとしている訳ではありません。
「結婚」という形が、単なる見せ方の一つであって意味がありませんし、
それよりも誰と誰とが、どう繋がるのか、その在り方にこそ意味があるのではないかと考えています。

結婚教育の中で「学ぶ」の語源は「真似ぶ」と教わりました。
人は「学ぶ=真似ぶ」生き物です。
この世に命を授かってから、あらゆるシーンにおいて、
誰かの
表情を真似
言葉を真似
行動を真似
それをお手本として生きてきました。

であるならば最初の師は親ですね。
もしかしたら最後の師も親なのかもしれません。
残念ながら、それは良くも悪くもです。

親子の絆も然り、絆には何かしらの因果があるのもしれませんね。
私は職人なので、「最初にどんな親方に付くかで、職人としての人生は決まる」
これまでそう言葉にしてきました。
ただ、今はそこに拘ったり、囚われたりする必要は無いのではないか、と思っています。

人は「学ぶ=真似ぶ」生き物です。

誰かと繋がることが、何かを学ぶ事だから。
だから誰とどんな繋がり方をするのか、そこが最も重要であると感じています。

生きている限り
誰かと繋がっている限り
常に学び、自分自身を成長させていくことが可能なのです。

「結婚教育」という場所が、素晴らしい繋がりの場、学びの場となる事を心より願っております。

 

 

協会理念(わたしたちの社会へのお約束

わたしたちの社会へのお約束(Our Credo)

結婚教育協会に所属する相談員は悩みを抱えておられる方の目ざすゴールまで、善良に真摯に向き合い、より良き伴走者として共に進みます。

結婚教育協会に所属するわたしたちは、地域社会の発展、人々の幸福に貢献し、尚且つ、自らの幸せも希求し続け より良い人生を構築してまいります。

結婚教育協会に所属するわたしたちは、常に暖かい、リラックスできる関係性を目指すと共に、ひとりひとりが自ら研鑽を重ね、切磋琢磨し合いながら、相互に成長できる豊かな関係性の構築につとめます。

 

メディア掲載

新聞掲載

2017年8月12日
朝日新聞
アラフォーママの孤立防げ 同世代で「あるある」共有 高齢出産後の悩み話す場広がる

2017年4月11日
読売新聞夕刊 発言小町
結婚生活 長続きのコツは? 新たな家庭つくる意識

2017年3月19日
奈良新聞
夫婦の形、多様に 日本結婚教育協会 大和郡山で講演会(いのち繋ぐ講演会)

2017年1月31日
朝日新聞
奈良)「5年で8組」結婚・定住へサポーター 上牧町

2016年10月18日(火)
読売新聞
「結婚とは」…子供時代から学ぶ

2016年5月18日(水)
産経新聞 朝刊
「婚育」イベント盛況 子供も結婚を学ぼう

2016年2月8日(月)
産経新聞
「ご助力の力を」虐待の背景や関わり方考える人権フォーラム

奈良新聞
心救う優しい社会を 奈良でフォーラム 石野真子さんら 虐待防止考える

2015年09月
朝日新聞
音頭を取るのは、幸せな結婚生活のための「婚育」を勧める大和郡山市のカウンセラー、棚橋美枝子さん

2015年9月10日(木)
朝日新聞
夫婦円満 お手伝い 大和郡山の棚橋さん 理解への近道 年代ごと「婚育」

2014年11月
産経新聞
セックスレス、夫のATM化…結婚10周年は夫婦の危機?

2014年8月
産経新聞WEST
DV、浮気、性格不一致、結婚とは、夫婦とは何か…「結婚を学ぶ教育=婚育」NPOの願い

2014年7月
朝日新聞
結婚学んで、豊かな生活を 奈良の女性が「婚育」NPO

2014年7月8日
奈良新聞
母親の声届く社会に – 「いのちをつなぐ」講演会/王寺
http://www.nara-np.co.jp/20140708103543.html

 

 

◆ラジオ番組「結婚教育ラジオ講座」

ならどっとFM78.4MHZ
2016年10月~2017年9月 第4水曜日15時30分~16:00放送
2016年10月28日ゲスト 協会理事 佐田俊弘氏
11月25日ゲスト NPO法人日本足育プロジェクト協会代表理事 玉島麻理氏
12月23日ゲスト 結婚教育アドバイザー 糸木佳奈子氏
2017年1月27日ゲスト 奈良県立大学地域創造学部准教授 岡井崇之先生
2月24日ゲスト 結婚教育カウンセラー3名
長濱文子氏、林原陽子氏、牧村鹿子氏
3月23日ゲスト NPO法人イクカツ代表理事 中野美紀子氏
4月27日ゲスト 一般社団法人全日本趣味起業協会代表理事 戸田充広氏、
エクセルライティング代表 戸田美紀氏 ご夫妻
5月25日ゲスト 河村総研代表 河村操氏
6月22日ゲスト 映画監督 塩崎祥平氏
7月27日ゲスト 結婚教育カウンセラー2名
長濱文子氏、野村昌子氏
8月24日ゲスト 京都土曜美人講座主宰 大森あゆみ氏
9月28日ゲスト 株式会社スプラッシュジャパン 代表 今野裕幸氏

お気軽にお問い合わせください TEL 0743-85-5414 平日10:00〜17:30

【動画】結婚教育とは?

               
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.