結婚教育相談員の中村優子です。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

私には3人の子供がいます。
それぞれに違った個性があるのですが、
今は末っ子6年生男子にとても手をやいています。

とても感受性が強く、寂しがり屋、心配性、
そんな彼も反抗期を迎え自己主張も激しい。

遊びに行くと遊びに夢中で門限までに帰ってこない…親としてはとても心配です。

その度に私は怒ったり、諭したり、なぜ時間を守らないといけないのか説明したり、息子と2人でルールを決めたりしました。
しかし、この門限を守らない事件は既に5年目を迎えています。

頭を悩ませていると、この様なアドバイスを頂きました。

あなたは何が心配なのか。
あなたの不安を子どもに伝えていないか。
心の底では面倒くさいと思っていないか。

私は、ハッ!としました。

私が息子に伝えていたのは私自身の不安であって、
その不安を解消したいと思っていたこと。

心のどこかで兄弟順番に何かしら問題が起こることに面倒くさいと思っていたこと。

息子は6年生という、結婚教育9期でいう2期になります。子どもたちの人生を分ける大切な時期だからこそ私たち親もしっかりと学び、子供とともに成長したいと思います。

来月20日には、
愛知でオープンカレッジが開催されます!

是非、こちらで一緒に学びましょう♬