結婚教育協会 相談員の可部田ゆかりです。
私は結婚して広島から奈良へ住み28年経ちました。夫婦で老後はこのまま奈良で住むことに決めて、マンションに引っ越しをしました。

引っ越しを機会に、不要な物を捨てたり、新たに必要な物を買ったりと久々に夫婦二人で話し合う時間が多かったです。マンションの総会にも出席し、同じマンションに住む方々の意見を聞くこともできました。自分達だけでなく、他の方も居心地よく暮らしていければと思います。

結婚教育を学び、これからの老後を夫婦二人で楽しく暮らしていくことを意識することができました。私達には子供はいませんので、お互いのために費やせる時間が多いです。

また、仕事や結婚教育の活動を通して子供さん達のためになることができるように、背伸びしないで自分にできることを大切にしたいと思います。

これからも日本結婚教育協会に所属し、アイメッセージを発信していきたいと思います。

写真は日本結婚教育協会の理事の山田純子さん(ローソンのオーナー)と結婚教育協会相談員の中村優子さん(ローソンの店長)のお店で購入したおでんです。今回はワカメをトッピングして食べました。また、しめに蕎麦ととろろ昆布を入れて食べました。ローソンは低糖質パンの販売や、純子さんと優子さんが老人ホームに移動販売をされるなど、身体と心に優しいお店です。