結婚教育相談員2期生の桝見悦子です。

8/19(土)は、協会勉強会 第4回 行政との協働を学ぶ(実践編)でした。
講師は協会顧問の福井正樹先生です。

 

今や、ソーシャルビジネスは、実際に暮らしているひとりひとりと地域の
社会保障や行政では埋めれれない部分を埋めるニッチ産業として
なくてはならない分野になってきています。

たくさんのNPOや団体も設立されています。
それぞれに素晴らしい理念や情熱やサービスがあります。
しかしながらその1つ1つの規模や力が小さく、周りに与える影響も小さくなりがちです。
理念やサービスの情報をひとりでも多くの人に知ってもらい
少しでも我々の暮らしが豊かになるようソーシャルビジネスの効果を発揮していくためにも
行政との協働は不可欠であると私たちは考えています。

福井先生の講義はご自身のこれまでの行政との関わりのノウハウを惜しみなく
伝えてくださいます。
本当にこの方に設立当初から顧問になっていただけたのが
協会として大きな力になっています。
私たちが行政と対等な立場で専門性を発揮していくために必要な学び。
これからも続けて行きますので、関連団体の皆様もどうぞご興味お持ちください。

私個人としては、結婚教育的に、福井先生のご家庭とご夫婦のあり方の変遷を
ぜひ1冊の本として出版していただきたいて読んでみたいな、と願っています(笑)
そんな福井先生の波乱万丈な楽しいお話は協会基礎講座でも聞いていただけます。
そして私の地元、奈良県橿原市では行政との協働である
「かしはら結婚サポーター」の養成講座が開催されています。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
最後までお読みいただきありがとうございます。