こんにちは 結婚教育相談員、金原佐栄です。
いつもお読みいただきありがとうございます。

5月から始まりました結婚教育カウンセラースクールアドバンスコース第5期も無事終了いたしました。
早いもので、もう5期まできたのかという思いと、今年も受講された皆様の素晴らしさと、
結婚教育への皆さまの熱い気持ちを感じ、感動いたしました。

棚橋代表を筆頭にわずか数名で活動をはじめ、5年後の今日、こんなに沢山の皆さまに
結婚教育を知っていただけるということが、本当に嬉しく思います。

カウンセラースクール最終日に、佐田理事がこんなことをおっしゃってました。
「みなさん、この年齢になっても怒ったり、笑ったり、喜んだり、ケンカのできる仲間なんてないですよね。」

私は単純に、
「本当だ。」とうなずいてしまいました。

年齢を重ねるごとに「社交辞令」が多くなります。
面倒なことはできるだけしたくありません。
争いごとは避けたいです。
人間関係はほどほどにしておきたいです
自分をさらけ出したくありません。
友達も沢山いりません。
実は、私がそうでした。
完全個人プレイヤーだった私が、仲間っていいなと思わせていただいたのも、
結婚教育を知り、同じ志を持つ人との出会いがあったからこそだと思います。

よく言われるのが、
「いつそうなったの?」と聞かれることも多いのです。
いつ?と聞かれるといつからなのか、鮮明には覚えてはいませんし、わかりません。
協会が立ち上がり、今日に至るまでの自然の流れだとしか言えませんが、
一人でも動ける、でも仲間と共に動くこともできる。
これは、私にとって最高の学びでもありました。
同じ志を持ち、各自が背伸びせず、今自分のできることで進んでいける。

以前、棚橋代表に
「あなたが、幸せだなあと感じないとだめだよ。」
と言われたことがありました。
結構、幸せだと満足してはいたのですが意外なお言葉でした。
これは、私の中ではまだまだ課題です。
あせりません。
結婚教育はまだまだこれからも続きます。

カウンセラースクールの最終日は、棚橋代表が必ず、泣かれます
今年も泣かれました。
来年も泣かれると思います。
これからもずっと泣かれるでしょうね。

受講生、お一人お一人に深く関わっているからこそ流れる涙なんだと思います。
だから幸せだと感じているんだと、
これは私の勝手な解釈ですが
そう思います。

社会貢献ができたり、ビジネスにもなります。
そしてご自身を整えることができるのも結婚教育です
沢山の5期生の方が相談員となりまた更に、大きい結婚教育の輪がひとつ広がっていくことにワクワクしております。

長々お読みいただきましてありがとうございました。